【クラウン】充電不良【ハイエースもね】

180クラウン、充電不良でバッテリーあがりして入庫です。

まだまだ現役180系!

お客様のお話を聞くと、メーターの中のバッテリーの形のマークが点灯→

会社についたんでとりあえず仕事→

帰りにはブースターケーブルつないでかけたけど、ブースター外すとエンジン止まる→

HELP!!

という流れでした。

多分会社について時点でバッテリーに残った電力だけで動いてたんでしょう。

帰りのエンジン始動しようとしたところでバッテリー残量もなくなって発電もできてないからエンジンコンピューターの駆動もできないほどになったんだと思われます。

今回はたまたまクラウンの入庫だったんですが、200系ハイエースも結構壊れてます。

共通するのは、オルタネータープーリー先端に黒いキャップのついたモデルです。

見えにくいですけど、プーリー頭が平になってます

これは、プーリー部分にワンウェイクラッチが入ってて、回転変動を吸収してオルタネーターベルトの長寿命化を図るっていう目的らしいのです。

しかし、このワンウェイクラッチ、どうも寿命が9~12万Kmあたりにあるようなんですよね。

だんだんとガラガラ音がしだして、ワンウェイのはずが、2ウェイに(要するにからまわりする)なってしまうんですね。

だから、プーリーは回っても、シャフトが回らず発電不良になるのが多いんです。

・・・けども、今回はちがーう!!

ちゃんとワンウェイクラッチは生きてました。

これってやはり200系のハイエースでもあったんですよ。

その時は、プーリーガラガラでプーリーだけ交換してから1年ちょっとで充電不良になり、オルタネーター本体をリビルト品と交換しました。

こんなことなら、はじめからオルタネーターごと換えとけばよかったと思うんですけど、金額差が結構あるんで判断に悩みますよねぇ。

プーリーだけでなく、内部機構も当時の新機軸を採用してるんで、何か弱いところがあるんだと思いますが、ここ10年位、他社も含めて走れなくなるトラブルが増えてきた気もしますね。

費用対効果の見直しなのか、外国製部品の採用が増えたからなのかはわかりませんが、日本の製造業の技術力低下と言われないことを祈ってます。

コメント