【スイフト】タイヤで悩む【185/55R16】

スイフトのお客様から、
『タイヤがそろそろヤバイ』
とご相談をいただきました。
このスイフトって車もタイヤサイズが微妙な設定の車なんですよね~

185/55R16

このサイズ採用車種って他には・・・


旧FIT RS
インサイト LS
シャトル HYBRID Z

などメジャーな車種だけど特定上位グレードのみなど、結構ニッチなところにいます。

しかし、このスイフトという車、現行国産コンパクトとしては珍しくスポーティを売りにした車。
実際に乗っていると、発進加速こそ1200ccそのものですが、キビキビとした乗り味を活かすには、エコタイヤでは役不足なところもあります。

もともと付いているのが、ブリジストンのTURANZA ER300という、いいタイヤなんですけど国内ではほぼOE専用しかも結構なお値段のタイヤだったので、ハードルは高いです。

しかし!このサイズ、採用車種は多くないので出る本数が少ない→設定してある銘柄が少ない→売れ筋のエコタイヤばかりしかない。

お客様は、もう少しグリップがほしいとおっしゃり『195/50は?』とのことなので、スポーティなタイヤの設定を調べてみると・・・

ファルケンZE914

グッドイヤーRS-02

ブリジストン Play’Z PZ-X

ダンロップDZ102

国産ではこの4種類くらいに絞れると思います。

意外と特徴があって、選びやすくなりました。

ZIEXは選択肢に入れといてなんなんですが、スポーティ風ということで、最近は耐摩耗性も上がったし良いタイヤですが、もう少しグリップが有ったほうがいいと思います。

RS-02は、うーん個人的に国内のグッドイヤーはライフが短い印象が・・・いや、なんでもないです。

PZ-Xは、耐摩耗性が高く、直進安定性も良いいいタイヤだと思います。BS全体に言えることですが、サイドウオールが固めなトレッドでグリップさせるタイプのタイヤです。しなやかではありませんが、スポーティタイヤとしてはひとつの方向性としてありです。
ちなみにこのサイズは”Play’Z”PZ-Xです。”ECOPIA”ではありませんよ。

DZ102はしなやかで、高すぎない適度なグリップ感でドライビングが楽しめるタイヤとしてDZ101の頃から、ワタシ一押しのタイヤです。
下手にこじれば腰砕けになりますしサイドウオールも柔らかめなのですが、ウエットグリップもよく、乗りごごちもいいスポーティタイヤとして評価しています。

あとはまあ、見た目なんですが、やっぱり回転方向指定のほうが気分は上がりますよね~

っていうことでDZ102。

(あ、ヨコハマのS-DRIVEなんてのもありましたね。ま、ヨコハマだし・・・)

コメント