ムーヴvsダイヤトーンサウンドナビ(part2)

はい、続きです。

前に書いた隠し球とは・・・

今回はパワフルサウンドキット

エーモンのデッドニングキットです!


ドア2枚分のデッドニングがきっちりできるようキットにまとめてあって、確実に効果が出る構成になってるんですからよく出来てますよ。

うちらオーディオショップではありませんから、何十万単位でつぎこんだオーディオショップさんの施工にに対抗できるわけじゃあありません。

でも、ほんの1~2万円の投資でノーマルとは驚きの差ですよ。

これが・・・

上の写真のドア外板の白い部分にパネルの振動を防ぐための硬いゴム状のシートが貼ってあるんですが、貼ってない部分に適度な大きさに切った制震シートを貼っていき、音漏れを防いでやります。

その後、内側のサービスホールを塞ぎ、ドア自体にスピーカーBOX効果を持たしてやると、低音が効果的になって、ボーカルがはっきり聞こえるようになります。

今回のパワフルサウンドキットはそういう構成ですが、ほかにもナチュラルサウンドキットや、ボディ用のデッドニングキットだとかいろいろあるみたいです。

こうなります

今回はノーマルスピーカーのままですが、右側だけ施工が済んだ状態で左右を聴き比べると、

左側の音が聞こえませ~ん

それだけ音が外に逃げたり、パネルの振動に変わったりして減衰していってるんでしょうね。

左右同じように施工して、トリムに触れる部分も処理してやって組み付け、

これでもとどおり。

前のブログ写真のと同じラルクのCDを聞いてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいやいや、もうびっくりの音質向上。

せっかくのサウンドナビだから最低これぐらいの下地ができていないともったいないですよね。

軽もこの2モデル前ぐらいからスピーカーのサイズとか配置とかいろいろ良くなってて素材がいいんで、そこを伸ばしてやるだけでさらによくなりますよ。

いい音になったムーヴで楽しくドライブしてください。

コメント