磨けば光る・・・

こんにちは。

ここんとこ、日に日に寒くなってきましたねえ。
先日は寒くなると顔を出す、ぎっくり腰再発で痛かったです (TT)
まあ、”ゴッドハンド”整体士さんに直してもらったんで今は大丈夫ですけど、寒いうちは用心に越したことはありません。

さて、今日は少し前に入庫したビートです。

このビートに採用してある赤、黄、紺などのいわゆるソリッドカラーというやつ(メタリックとか、パールでないもの)は、だんだん色褪せてくるので悪名高いのですが、なぜこんなことになるのかというと、メタやパールカラーのように塗装の仕上げにクリヤーが吹いてないからなんです。

(例外としては、私の知ってる限りでは、トヨタ・日産の乗用車系ではソリッドもクリヤー仕上げです⇒色褪せ少ないです)

年数が経つと、表面から風化して、白っぽくつやがなくなっていきます。

このビートもそんな状態だったので、当初は再塗装まで考えていらっしゃったのですが、キレイに長持ちする再塗装は少々お値段が張りますので、とりあえず磨いてみましょうか?ということで、やってみました。

ほろとか、スポイラーとかはキワが気になるんで外します

あ、完全作業前の写真なかったです。

磨く前のボディー

スポイラーのとこですね。

下が磨いた後

キレイでしょ

朱色っぽい色も真っ赤に戻りました。

バンパーなんかは変色してるんでピンク色っぽいのは仕方ないですが、スチール部分はけっこう艶も出て、バリっとしましたね。

たまたま入庫の赤カプと記念撮影

コメント