最近のお仕事(カーナビ編)

あ~、前回の投稿からもうすぐ1ヶ月ですね~。

すみません。慣れない長期出張(ワタシにしては)から帰って、ペースも体調も取り戻せぬまま(おそろしや時差ぼけ)何かバタバタとすぎてしまうわ、おまけにブログ用の写真は取れてないわで、こんなペースですが、お許しください。

ま、ブログリハビリがてら、いつものナビ取り付けのご紹介なんですが、今回はなんか『ダダダッ』と続いて作業した感じでした。

まず、ワタシの古くからのお友達N君のインプレッサへ旧型ナビからKENWOODのフラッグシップMDV−737DTへの取替え

頑張れカープ!!

ま、カープにはぜひ奮起してほしいとこなんですけども、それはさておき、新世代になってからのKENWOODナビはシンプルさと機能性の絶妙なバランスで誰にでも勧められるいいナビですね。
この下のクラスのMDV−333と434DTも機能対価格比で非常におすすめ度高いです。

そして、当社では定番CarrozzeriaMRZ07

デミオ SKYACTIV

地図画面はココのが好きです

と、フリードへ取り付け。(こちらは撮り忘れました。(^_^;) )

割安なのに、基本機能的にぬかりなしの感じですが、人によっては2画面表示がないのが致命傷といわれます。

でもライトユーザーの方にはこれでOKでしょう。

TV画質重視の方は+2万円前後ででフルセグ機種、他メーカも含めていろいろ良いですが、ワンセグ+DVD視聴ならこの機種かなりコスパ高いです。

最後は、ちょっとワタシのメカニック魂が燃えた、VOXYのメーカーオプションナビから最新機種への取替えとのことでメールでご相談いただいた件です。

初代VOXYですね。

他店でも相談されたみたいですが、『メーカーオプション車ですか・・・』って時点でアウトだったらしいのですが、あのころのトヨタナビの場合メーカーオプションでも異型ではなくてワイド2DINのが多かったような記憶が・・・

この場合基本のカプラーは10ピン+6ピンで、社外品を取り付けるのも配線改造もあまりなしで可能なはず。(この時点では確証はないので恐ろしくて『できます!』とは言えません)。

基本は現車確認なので、事前のやり取りで、ナビ型番と車体番号をお聞きして配線図、トヨタ技術解説書、各ナビメーカー取り付け要領書などで下調べをした上(これが一番時間がかかるんです)で、ご来店いただいて最終確認をさせていただきました。

このタイプのナビ付け替えできますよ

その結果純正バックカメラが予想とは違っていること、ナビ連動のETCが付いていることが判明しましたが、調べはつき、今回はお客様がご指定されたClarionNX712のお取り付けとなりました。

ええ、撮り忘れましたとも。

ふだんこちらからはあまりお勧めすることもないClarionでしたが、いまいちわかりづらかったスムーナビとクラスビアというペットネームが取れて、事実上フラッグシップとなるこのNX712はなかなか気合の入ったつくりで好感が持てました。

実際の取り付けは、要らない純正配線をどこへ持っていき新しい配線のために場所を確保するかが大変だっただけで、純正配線の切除などの加工はほぼなく(連動だったデイーラーオプションETCを単独作動に変えるための加工だけ)もし車を手放す時も、元の純正ナビにいつでも戻せます。

ユーザー様に何回かのメールのやり取りとお引渡し含めて計4回のご来店というご協力もいただいて無事取り付け完了しました。

社外ナビが取り付けできたことで、大変お喜びいただけたようです。'
ありがとうございました。

コメント