【R35】平穏無事な車検【GTR】

アンダースポイラーを外してみると意外とおとなしい顔なんですよね。

今回はGTRの車検をさせていただきました。この35もウチで観させていただきだして4回目の車検ですね。ありがとうございます。

最初のころは巷ではよそで車検をした35は何かあったときにディーラーが入庫拒否をするんじゃないか?とか、不用意に触って壊したらどうするんだ?とか言われていた頃でしたから、ワタシも公開されている範囲で情報を集めて研究したりしました。

もちろんGTR特有の機構でウチでは手が出せないところももちろんあります。しかし、最近のクルマはGTRに限らずそんなクルマもありますし、逆にちょっとしたモディファイや用品の取り付けなどはディーラーさんではできない仕事もありますからどちらもそれぞれ得意分野があるということです。

車検などは特殊なクルマですからディーラーさんも万全を期したR35メニューを提案されるのでどうしても高額になります。

でも、こういう車だからこそ普段から車検・点検にかかわらずメンテナンスされている場合もあり、車検時には一般的なクルマとかわらないメニューで済ませることができる場合も多いと思います。

何回も車検をさせていただいてわかったのはGTRといえどもやはり国産車。

新規採用されたDCTなどはやはりトラブルはありますが、それ以外のところは今見れば意外とオーソドックスで堅い作りなんですよね。むしろノーマルでサーキット走行も視野に入れた設計で一から開発されているため各部品の耐久性などは非常に高いです。

DCTオイルなどは距離で管理するようになどすると、車検時には意外と手間もお金もかからないんですよね。

今回は冷却水交換・ブレーキフルード交換・エンジンオイル交換がメインとなり特に手はかかりませんでしたので、非常に一般的な金額におさまりました。

パッドのスリットとローターのドリルホールのダストはキレイにしましょうね。

 

オイルは指定の0Wーよりも高粘度がよろしいかと思います。飛ばす方はもっと固くしましょう。

まあ、かと言ってタイヤは高いし、DCTオイル換えるとかデフなんかのオイルも定期的にとか、いざほんとに壊れるとかなり高額になりますんでワタシのような庶民には維持できるクルマじゃないので手は出せませんがいい車ですよね〜。

10年前には派手に見えてましたが、いまではシブさも感じます。

コメント