ゼロクラウンヘッドライト塗装

今回はヘッドライトクリアはがれのゼロクラウンにクリア塗装のご依頼をいただきました。


もちろん今回もヘッドライト取り外しての施工です。
隠れているところも塗ってやることで、レンズ端からのクリアはがれを長期間防げます。

いつもヘッドライトクリア塗装時にポリカーボの黄色味を抑えるためにほんの少し入れる青色ですが、今回はボディー色がパールホワイトなんで少し控えてホントににうっすらとしかいれてません。
淡い色のクルマには入れ過ぎるとレンズが青く見えてしまいますから。

逆に↑のような青いボディの場合けっこう濃い目に入れないと逆に黄色さが消えないので難しいところです。

さてそんな中、先日もあったんですが、レンズに着色してもらえますか?というお問い合わせをいただくことがありますが、基本的にはお断りしています。

平成10年9月1日以降生産の車は車検時にロービームでの検査が義務付けられています(それ以前の車はハイビームで計測)
このロービーム計測車って実際に検査に持ち込むと明るさが足りずに不合格になることが多いんです。
そんな場合はハイビームで計測という救済措置があるんですが、あからさまに着色してあるレンズで暗い場合、検査官によって走行に支障をきたすとして不合格とされる場合が出てくる可能性もあります。

車検整備も当社の重要な仕事の1つですので、車検時に問題の起こる可能性の高いカスタムは致しかねるとの観点からです。
ご了承ください。

コメント