【CLB】クーラントブースター

wako's_clb

冷却水のロングライフ化に対応

冷却水には主に、凍結防止、防錆・防食、消泡という性能が求められますが、長期間の使用で性能が劣化していきます。

そのため、エンジン冷却水(LLC)は2年ごとの交換がメーカー指定でしたが、近年エンジン側の改良とLLCの超ロングライフ化で、通常使用での初回交換指定時期が7年〜11年目と大幅に伸びてきました。

clb_2しかし、実際にはそれよりも早い時期にサビや水垢による冷却水の濁りや、消泡性能の低下による耐熱性の悪化などがすすみ、冷却系の樹脂タンクのヒビやシーリングの劣化による水漏れが増えています。

そのため、指定期間よりも短いスパンでLLCの交換をおすすめしていますが、ワコーズ クーラントブースターは悪化したLLCの性能を復活してくれるので、高価になりがちなスーパーロングライフクーラントの交換を遅らせることができます。

使い方は、注入する分だけ冷却水を抜いてラジエータかリザーブタンクへ注入するだけなので、車検時等の作業なら追加工賃の発生もありません。

無交換指定の外国車にも!

一部外国車などでLLC交換の必要なしとのメーカー指定車種もありますが、やはり経年劣化によりラジエータの水漏れ、冷却水回路のホース漏れなどが起こりやすくなっています。

このような車種にもLLCの経年劣化を補うクーラントブースターの使用をおすすめします。

価格

¥1600(税別)/本